「Japan Review」データベース
TOP
▲ 戻る
全文閲覧できます
2005年 第17巻
標題執筆者
華麗なる君主の興行 ―大名行列と政権―Constantine N. VAPORIS
江戸後期における西洋発生学思想の受容 ―マルピーギの受精卵観察と坪井信道―Frederik CRYNS
日米和親条約交渉における中国語の役割 ―羅森『日本日記』等に関する再考―De-min TAO
故郷と呼ぶ場所は無し ―田村俊子の 『侮蔑』 における 「三番目の場所」 を希求する帰国日系二世たち―Anne SOKOLSKY
中島敦の 「植民地眼鏡」 ―日本は植民地をどう見たか―Robert TIERNEY